top of page

ロンドン便り−63号 *英国近情報告*

ロンドンの澤野です。

皆様 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

「光陰矢の如し」とはよく言ったものです。2024年もあっという間に旧正月になりました。

私の生花教室でも恒例になった正月飾り初活け花を2月10日に開催しました。



今年は辰年なので、まず龍の一筆書きを素早く描く練習から始めました。

筆を持った事のない生徒さん、墨を見た事のない初心者が多く、最初は辿々しくチョコチョコお手本を見ながら描いていましたが、私が「龍なので勢いよく、いっきに一筆で龍の母体を描いてみましょう」とサジェスチョンしたところ、吹っ切れたのでしょう、全員が素晴らしい勢いのある龍を描くことができました。

その後、目と手と足とひげを加え完成した作品の右上に2024と加え、その後、左下に自分の名前を書いて完成しました。


その龍の絵をバックに、日本から取り寄せた龍と鏡餅の小さな置物を加えた後、それに適した投げ入れ生花を作り、3味一体のバランスの取れた作品が完成しました。


西洋のバランスと東洋のバランスは非常に違うので、日本人でない生徒さん達はかなり戸惑った様子でしたが、完成した作品に満足していた一日教室でした。

閲覧数:68回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page