top of page

受賞者の声 顧問賞(1)

この度は、顧問賞という栄誉をいただきありがとうございます。


研究科で行った鳥獣戯画の模写の中で獅子の可愛らしさに触れ、唐獅子を描きたいと思いました。先生方にアドバイスいただき、狩野永徳や北斎のあらゆる唐獅子を模写するところからはじめましたが、模写することで架空の動物である唐獅子らしさをもたらす要素を発見しながら、最後はライオンの写真を見て自分なりの唐獅子像を作る過程はとても楽しかったです。


私はいつも勢いのある華麗な線を目標にしています。細い線はまだまだですが、獅子から少しでも目指している勢いと力強さが伝わると嬉しいです。

そして獅子といえば、牡丹。あまり花を描かない私としてはこちらの方もチャレンジでした。本当は牡丹にもう少しまとまらない勢いと洒脱さを出したかったのですが、そこは力及ばず…。今後の課題とし精進していきたいと思います。


この度はありがとうございました。

伊藤順子


閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page