top of page

11月の講師資格コース(第4週クラス)

更新日:2023年12月7日

◇第4水曜日クラス◇

今月の課題はバラ。

没骨法と抽象的な描き方、2種類仕上げます。

没骨法の花びらの中心は濃く、大きくなり過ぎないようバランスよく描きます。

葉は2筆で筆の入り方 抜き方に注意します。


皆様お好きな色で作品を仕上げ、教室は一気に華やいだ雰囲気になりました。

また本日よりレッスンを開始された方も楽しく素敵な作品を仕上げて下さいました。

アシスタント 田中


◇第4土曜日クラス◇

外は昨日の暖かさからうってかわり肌寒くなりましたが、教室内は熱気で暑いくらいでした。

今日は、没骨法と抽象的な表現の2種類のバラです。

薔薇の花びらを数えながらクリスマスに先駆けて素敵なバラが沢山咲きました。

また抽象的な表現は、花びらの方向に悩みながら可愛らしい丸の葉と合わせて個性的なバラが咲きました。

今では珍しくないですが、以前話題になった「紫のバラ」も咲いてます。

第4土曜日アシスタント 菅野


◇第4日曜日クラス◇

11月最後の日曜は、あいにく小雨降る寒い天気となりましたが、10名ほどの生徒さんが集まり、バラの描き方の授業が行われました 。

授業前半は見たままを表現する写実的な描き方、後半は抽象的な描き方の2種類を学びます。 ここ数か月間、様々なお花を描く授業が続きましたが、色の濃淡や運筆、表現力も皆さんとても上達されていると感じました。  


国際墨画会では12月は色紙展、来年3月には国立新美術館での展覧会の応募がはじまります。 講師クラスの生徒さんにとっては、初応募となる方も多いですね。日頃の練習の成果を試す機会として、ぜひ楽しんで参加してみてくださいね。

第4日曜日アシスタント 中野


◇第2・4水曜日夜間クラス◇

平日18:30-20:30までの2時間授業を月に2回行う、水曜日夜間クラス。

現在は少人数なので、先生は進捗状況にあわせて丁寧に指導。疑問点や質問にもすぐに答えてもらえます。

夜間クラスに15年以上通ってくださっているN様は「長くやっているばかりで・・」とおっしゃいますが、続けられるというのは素晴らしい才能だと思います。夜間クラスの歴代講師を網羅している貴重な存在です。

和気あいあいのクラスは授業の合間においしいものやお店の話で盛り上がることもしばしば。それでも短時間ならではの集中力で、素敵な作品が完成しました。



閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page