top of page

講師資格コース第4水曜日クラス:3月

3月の課題は雨竹と風竹です。


雨竹の葉を描く時は、奥の薄い葉を描き、濃い葉を重ねてにじみを利用すると雨の竹が表現出来ます。

色を使う場合は本藍や群青に墨を混ぜると雨の雰囲気が出ます。

先生は短冊に描いて下さいました。

余白を生かす構図の練習にもなり、それだけで素敵な作品になります。



風竹はお水の量少なめ、筆を速く動かし、かすれを入れ、風でしなっている感じを出します。

雨竹、風竹、どちらも天候がもたらす素敵な風景ですね。


生徒さんは色々な色で試されました。竹の印象も変わりますね。

第4水曜日アシスタント:田中



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Yorumlar


bottom of page